肌トラブルマニアの日記ぶろぐ
  • HOME >
  • きめ細かい肌のきめを漢字で書くと肌理となります。

きめ細かい肌のきめを漢字で書くと肌理となります。

きめ細かい肌のきめを漢字で書くと肌理となります。


肌表面の模様が整然としている様子を表しています。なめらかな肌やハリのある肌というのは皮膚の模様が小さく、きれいな三角形を描いている状態を言います。
一方、表皮の乾燥を繰り返してきた部分では模様(きめ)が乱れてきたり、角質層が厚くなって硬いような印象になります。表皮は短いサイクルで再生を繰り返していますが、それが低下すると、肌の基底部以深も結構傷んできるのです。水分が失われると表皮が薄くなり、フェイスラインがくずれ、しわになるのです。

そうなる前のケアが大事でしょう。炎症といった肌トラブルが起きますと、シミの原因(どうがんばってもわからないことも少なくありません)となってしまう場合があります。

例として、外出時の日焼けがあります。

ぴりぴりして嫌なときだけではなく、何も感じなくても隠れダメージが発生しているといえます。もしかすると、基本となるスキンケアは、日焼けをしないことなのかも知れません。
ずいぶん前から、美白重視の肌ケア製品を役立てていましたが、肌にそぐわなくなり、保湿とアンチエイジングに、力点を置いた製品へ乗り換えました化粧水がいくつも種類(自分がどれに当て嵌まるのかを知ることも時には大切かもしれません)あるのに第一歩は戸惑いましたが、冬のピークでなければ顔を洗った後のスキンケア方法はこれだけで十分です。

冬場には夜の手当時にクリームを塗布するだけという簡単なものになりました。ニキビの発生源は毛穴に汚れが蓄積され、炎症が起こってしまうことです。特に手で顔を頻繁に触る人はやめましょう。いつも手には汚れがたくさん付着していて、その手を顔に触れているということは汚れで顔を化粧しているのとほとんど同じでしょう。



表面の脂分が汚れをくっつけたり毛穴を塞いだり、黒ニキビになること持たくさんあります。

このような肌トラブルの繰り返しにより、シワやシミ、たるみの要因となります。その予防のために一番大事なのは洗顔です。
大量の泡で丁寧な洗顔を意識しましょう。ただし、一日にたくさん顔を洗うと反対に肌を傷めてしまいます。珈琲や紅茶、緑茶などに含まれることで知られるカフェインは、お肌にシミを作る原因(どうがんばってもわからないことも少なくありません)になると言われていますのです。
広範囲にシミを拡散させる結果となったり、カフェインをずっと摂りつづけていると体質的に色素沈着しやすくなってしまうでしょう。また、緑茶に含まれることで知られるタンニンもシミにはよくないと言われる成分ですので、これ以上はシミを増やしたくない方は飲み過ぎない方がいいです。敏感な肌の場合は、普通より弱い肌だと決め付けることはあれかも知れませんが、、肌に無理が掛からず、しかも肌のタイプに合った化粧品で、お手入れをするということが大事です。



環境の変化や体の状態によって、肌の状態がそれぞれ違うというのも、人より弱い肌の頭が痛いところです。使用する時の肌の調子に合わせて、抜かりなくスキンケアをするようにして下さい。
この時節のお肌の乾燥を防ぐためには、洗う力が強すぎない、刺激を抑えたクレンジング剤を使うようにします。

落ちにくいところは専用のリムーバーを用い、肌が荒れないようにしてちょーだい。

洗顔もゴシゴシと洗ってはいけません。キメ細かな小さな泡を立てて丁寧に洗い、ぬるま湯でしっかり流しましょう。敏感肌の悩みは、水分不足によることが殆どですが、肌質に合わない化粧水を使うことは、悪影響を与えてしまいます。

肌質に合った刺激の少ない化粧品を活用して、ふんだんに保湿をするようにしてちょーだい。



ダブル洗顔は肌への負担が大きいので、低刺激の肌質と合致しているクレンジングで、しっかり落とすようにすることが重要だと思います。

産後に体質が変わっ立という話は良く聞きますが、肌もその例に漏れないようです。長期間変化のなかったホルモンバランスが出産で急激に変わるため、急にしみが出たり、乾燥してシワが出るなどのお肌の変化が出やすい状態になります。2つある女性ホルモン(卵胞ホルモンのエストロゲン、黄体ホルモンのプロゲステロンの二種類が有名で、分泌量が減ると様々な不調が現れます)のうちエストロゲンが減少するので、肌が乾燥し、産後の疲労と相まってイロイロなトラブルを起こすこともあるようです。外部からの刺激に過剰に反応して赤みや痒みを感じやすくなります。産後の肌質の変化に対応するには、極力マイルドで添加物の少ない化粧品でたっぷりと肌を保湿していきましょう。
授乳期のママはおこちゃまのことで手一杯かも知れませんが、安心して頬ずりできるようなスキンケアアイテムを選びたいですね。

関連記事はコチラ

メニュー